その他スマホ決済 キャンペーンカレンダー

LINE Payの使い方 ~登録から支払い・チャージ、還元率アップの方法まで~

2019-10-11

LINE Payは、LINE株式会社が運営するスマホ決済サービスです。LINEアプリから簡単に利用登録ができるため、多くの人にとって使い始めやすい決済方法といえます。また、利用金額に応じたポイント還元制度があり、特定のクレジットカードや銀行で還元率が上がるというものではないため、誰にとっても使いやすい決済方法でもあります。そんなLINE Payについて、登録から支払・チャージ方法など使い方の基本や、還元率アップなどのお得な使い方を解説します。

1.メリット・特徴

LINE Payのメリット・特徴としては、次の点があげられる。

LINEアプリとの親和性が高い
LINE Payは、LINEアプリの「ウォレット」から利用登録ができる決済サービス。LINEユーザーであれば、新たなアプリをダウンロードする必要がないので、利用開始のハードルが低いのではないでしょうか。LINEユーザーは非常に多いので、送金や割り勘の機能を使う際、相手に受け入れられやすいというメリットもあります。

利用金額が大きいほど還元率が上がる
LINE Payでは、利用金額に応じて「LINE Payボーナス」というポイント還元があるのですが、その還元率が、前月のLINE Pay利用金額に応じてアップするという特徴があります。また、特定のクレジットカードや銀行のみで還元率が上がるということはなく、純粋に利用金額が多いほど還元率が上がるという、偏りのない仕組みになっています。

JCB加盟店で使えるリアルカードを発行できる
LINE Payは、アプリを使った決済のほかに、国内外のJCB加盟店で利用できるプリペイド式のプラスチックカードを発行できます。特に国内ではJCB加盟店は非常に数が多いので、LINE Payが利用できない店であっても、LINE Payカードを利用できるというケースは少なくないはずです。LINE Payカードでもポイントが貯まるので、その点もメリットです。

こんな人におすすめ

上記のメリット・特徴を踏まえ、LINE Payは特に次のような人におすすめといえます。

・新しいサービスを利用するのに抵抗がある
・ひとつのスマホ決済サービスをメインで使いたい
・クレジットカードをもっていない

2.登録方法

※画像はLINE Pay公式サイト「LINE Payのご利用方法より

LINE Payを利用するためには、まずLINEアプリをスマートフォンにダウンロードして、登録を行う必要があります。LINEの新規登録には、スマートフォンの電話番号が必要です。登録した電話番号で、SMS認証を行います。ひとつの電話番号に対して、ひとつのアカウントの登録となります。

すでにLINEを利用している場合は、LINE「ウォレット」上部の「LINE Payをはじめる」からLINE Payの登録を行えます。規約に同意の上、LINEパスワードを入力すれば、登録完了です。

LINE CashとLINE Money

LINE Payアカウントには、LINE CashアカウントとLINE Moneyアカウントの2種類があります。LINE Payの前述の登録方法ではLINE Cashアカウントで登録され、本人確認手続きを行うことでLINE Moneyとなります。

LINE Cashアカウントでも加盟店での支払いは問題なく行えますが、送金およびLINE Pay残高の銀行口座への出金を利用するためには、LINE Moneyアカウントが必要です。

本人確認手続き

LINE Payの本人確認には以下の3つの方法があります。

・銀行口座で本人確認(口座振替受付サービス):銀行口座と連動させることで本人確認が完了。銀行口座からのチャージを設定する際に必要な方法でもある
・スマホでかんたん本人確認:LINE Payの「設定>本人確認」より、画面の指示に従い、身分確認証および本人の写真を撮影、アップロードする
・郵送で本人確認:LINE Payの「設定>本人確認」より、身分確認証を画面の指示に従って撮影、登録住所に後日簡易書留のハガキが届くことで本人確認が完了

3.利用金額の支払い・チャージ方法

LINE Pay決済では、LINE Pay残高またはクレジットカード・デビットカードによる支払いが可能です。

クレジットカード

VISAもしくはマスターカードのクレジットカード・デビットカードが登録できます。複数のカードを登録することもできます。

LINE Pay「クレジットカード登録」または「設定>クレジットカード」からカードの登録を行えます。登録は、カード番号・有効期限・セキュリティコードを入力するだけ。また、別途LINE Payパスワードの設定が必要です。

LINE Pay残高

LINE Pay残高を利用するには、事前チャージが必要となります。チャージは以下の方法で行うことができます。
・銀行口座
・セブン銀行ATM
・QRコード/バーコード
・Famiポート

それぞれのチャージ方法の詳細を以下に解説します。

銀行口座

銀行口座からチャージする場合は、あらかじめ口座別に口座振替受付サービスの申込⋅登録が必要です。
なお、LINEの基準に該当した場合、本人確認書類のアップロードが必要な場合があります。承認に一週間程度かかる場合もあるため、急ぎチャージが必要な場合は、ほかのチャージ方法を利用してください。

銀行口座の登録が完了していれば、以下の方法でチャージが可能です。

1.LINE Pay「チャージ>銀行口座」を選択
2.希望の登録銀行口座を選択、チャージ金額を入力
3. LINE Payパスワードを入力

銀行口座からのチャージでは、オートチャージを設定できます。オートチャージでは、残高が設定された最低残高を下回った場合、設定された金額が銀行口座から自動でチャージされます。

設定は、LINE Pay「チャージ>オートチャージ」にて、「オートチャージ」をONにして、希望の銀行口座とオートチャージ条件を設定します。

セブン銀行ATM

セブン銀行ATMにて、以下の方法で1回あたり1,000円から、1,000円単位でチャージが可能です。入金は現金のみ。チャージ金額はリアルタイムでLINE Payに反映されます。

1.LINE Pay「コードリーダー」もしくは「チャージ>セブン銀行」を選択
2.セブン銀行ATMで「スマートフォン出金⋅入金>入金」を選択
3.ATMに表示されたQRコードを読み取り、企業番号を表示

4.セブン銀行ATMの画面に企業番号を入力、紙幣を投入

QRコード/バーコード

AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズ店頭にて、以下の方法で1回あたり1~49,000円のチャージが可能です。入金は現金のみ。チャージ金額はリアルタイムでLINE Payに反映されます。

1.LINE Pay「コード支払い」でコードを提示
2.チャージ金額を支払い、レシートを受け取る

Famiポート

ファミリーマート設置のFamiポートを利用して、以下の方法で1回あたり1,000円~299,000円(1,000円単位)のチャージが可能です。チャージからLINE Payへの反映に時間がかかることがあります。

1.LINE Pay「チャージ」より「Famiポート」を選択、名前・チャージ金額を入力
2.受付番号・予約番号が発行される
3.(2)の番号でFamiポートから申込み券を出力
4.ファミリーマートレジでチャージ金額を支払い

なお、以下いずれかの金額をチャージした場合、チャージ金額のうち1円がLINE Pay負担となるため、チャージ金額から1円差し引いた金額がレジでの支払い金額となります。

2,000円/5,000円/10,000円/30,000円/100,000円

4.お店での支払い方法

LINE Payでの支払いは、実店舗では基本的に「コード決済」となります。LINE Pay「コード支払い」でコードを表示させ、店側に読み取ってもらえば決済完了です。支払い時に支払い方法の選択ができます。

オンライン決済

LINE Payではオンライン決済にも対応しています。LINE Payを利用している端末で、LINE Pay加盟サイトで買い物をする際に利用できます。

決済方法に「LINE Pay」を選択するとLINE Payが起動するので、支払い方法を選択した上で、LINE Payパスワードを入力すると決済完了となります。

5.その他の機能

LINE Payカード

LINE Payでは、LINE Payカードというプリペイド式のプラスチックカードを発行することができます。LINE Payカードは、国内外のJCB加盟店で、JCBのクレジットカードと同様に利用可能です。LINE Pay加盟店でなくても、JCB加盟店であれば利用できる、便利な決済方法です。

LINE Payカードの支払いは、LINE Pay残高から行われます。LINE Pay残高へのチャージ方法として、前述のLINE Payアプリを使う方法の他に、セブン銀行ATMもしくはローソン(ナチュラルローソン⋅ローソンストア100含む)、AINZ&TULPEの店頭レジにて、LINE Payカードと現金でチャージを行う方法があります。

また、LINE Payカードは利用に応じて所定のLINEポイントが貯まり、1ポイント=1円としてLINE Pay残高に交換することができます。

送金・送金依頼・割り勘

LINE Payには、送金・送金依頼・割り勘の機能があります。なお、送金・割り勘を含め、送金の限度額は1日10万円となります。

送金

以下の方法で、LINE Pay残高を、LINEで友だちになっているLINE Pay加入者に送金できます。送金に関して手数料はかかりません。

1.LINE Pay「送金」を選択
2.送金したい友だちを選択
3.金額、メッセージ(任意)を入力
4.LINE Payパスワードを入力

送金相手がLINE Payに加入していない場合、LINE Payに加入した時点で入金完了となります。送金から7日以内に送金相手がLINE Payに加入しなければ送金が取り消され、LINE Pay残高に返金されます。

LINE Payアプリ

LINE PayはLINEアプリの利用を基本にしていますが、LINE Payのコード支払い専用アプリとして「LINE Payアプリ」というものがあります。

このアプリでは、LINE と連携することで、LINE Pay残高や登録情報が反映されます。LINEアプリでLINE Payの決済画面を表示させるのは、ほかのQRコード決済アプリに比べると少しだけ手間がかかるため、コード支払い(コード読み取り)に関しては、このアプリを使ったほうが早く決済が完了します。

LINE Payアプリで利用できる機能は以下の通り。

・コード支払い(コード読み取り)
・マイクーポンの確認
・請求書支払い
・支払い履歴の確認
・LINE Payが使える店の確認

送金依頼

以下の方法で、LINEの友だちに向けて、自分のLINE Payアカウント宛にLINE残高の送金を依頼できます。

1.LINE Pay「送金依頼」を選択
2.送金依頼したい友だちを選択
3.金額、メッセージ(任意)を入力

友だちが送金を完了次第、LINE Pay残高に反映されます。

割り勘

LINEユーザー同士で、割り勘した金額の支払い依頼、送金、集金管理ができます。支払いはLINE Pay残高の送金もしくは現金で可能です。

割り勘機能の利用方法は以下の通り。割り勘した金額の支払いを依頼する側を(A)、支払いを行う側を(B)として説明します。割り勘が割り切れない場合、切上した金額に自動で調整され、その分は割り勘を依頼する人の受け取りになります。

1.A:LINE Pay「割り勘」を選択、「新しいイベント」でグループ名を入力
2.A:割り勘コードを表示
3.B:コードリーダーを立ち上げ、割り勘コードを読み取る
4.B:支払い手段を選択後、「参加する」を押す
5.A:全員の参加を確認後、「お支払い」から利用店舗への支払い手段(コード支払い/LINE Payカード)を選択
6. A:利用店舗へ支払い
7. A:「LINEウォレット」から届く、支払い完了のトーク上「詳細を確認」を選択
8. A:割り勘の支払い金額を決定
9.B:LINE Pay残高もしくは現金で支払いをする
10. A:現金払いについては「支払い済みにする」を選択。LINE Pay残高送金分については、送金完了次第、お互いの残高に反映される

お得な還元率

LINE Payでは、LINE Pay利用金額に応じて「LINE Payボーナス」(※)が付与されます。LINE Payボーナスは、LINE Payによる支払いに利用できます。ただし、LINE Pay残高に比べると、利用できる範囲が制限されています。

マイカラープログラム

LINE Payでは、毎月のLINE Pay利用金額に応じて、翌月のLINE Pay基本付与率が変わる「マイカラー」プログラムを実施しています。毎月の利用金額と基本付与率の関係は下表の通り。

マイカラー:毎月の利用金額/基本付与率

グリーン:100,000円以上/2.0%
ブルー    :50,000円~99,999円/1.0%
レッド    :10,000円~49,999円/0.8%
ホワイト:0円~9,999円/0.5%

利用がない状態でも0.5%のLINE Payボーナス還元を受けることができ、最大2.0%の還元率となります。

※2019年11月1日(金)より、LINE Pay利用金額に応じた還元は、「LINE Payボーナス」から「LINEポイント」に変更になります。LINEポイントは、LINE Payでの利用のほか、LINEスタンプ・着せ替えとの交換、LINEサービスでの利用、ギフト券・提携ポイントとの交換が可能です。

マイカラープログラムについてはこちら

7.お得な利用方法

キャンペーン利用でさらにポイントアップ

LINE Payでは、期間限定でLINE Payボーナスの還元率がアップするキャンペーンが開催されることがあります。アプリや公式サイトで告知があるので、見落とさないようにしましょう。

「誰でも最大12%戻ってくる!LINE Pay生活応援祭」キャンペーンはこちら

LINEクーポンで毎日割引

LINE Payと合わせて使いたいのが、「LINEクーポン」です。以下の方法で、対象の飲食店などで、対象のメニューに割引が適用されます。

1.LINE「ウォレット>クーポン」をタップ
2.利用するクーポンを選択、「クーポンを使う」をタップ
3.表示された画面を店頭で提示

クーポンの内容は毎日変わるので、こまめにチェックしてみてください。なお、LINEクーポン初回利用時に、LINEクーポンの公式アカウントが友だちに追加されます。2回目以降は、この公式アカウントからもLINEクーポンの利用が可能です。

請求書払い

LINE Payでは、対象の請求書に対して、コード読み取りによる請求書払いが可能です。請求書払いが使える店も、それなりの数があります。また、関西電力や九州電力、東北電力など、一部の公共料金の請求書での支払いにも対応しています。

これにより、より多くの場面でLINE Payを利用でき、LINE Payボーナス還元を増やすことができます。

使える加盟店が多い

LINE Payが使える店は、LINEアプリ、LINE Payアプリ、LINE Pay公式ページ上で調べることができます。特にアプリは現在地からの地図検索ができるので、便利です。LINE Payの加盟店は多く、日頃の買い物や食事で使える機会の多い決済方法といえます。

8.ベストマッチ

LINE Payがもっともお得になるのは、支払い方法をクレジットカードにすることです。マイカラープログラムの最大2%還元に加え、クレジットカード払いではカードのポイントも貯めることができ、ポイントの二重取りが可能です。この際、なるべく還元率の高いクレジットカードを登録しましょう。

Visa × LINE Payクレジットカード

LINE Payでは、2020年に「Visa × LINE Payクレジットカード」というクレジットカードを発行予定です。

このカードでは利用額に応じてLINEポイントが貯まります。しかも、LINE Payアカウント登録をすると、サービス提供開始から1年間、還元率3%になるという非常にお得なカード(2年目以降の還元率は別途案内がある予定)。しかもこのカードの利用金額は、マイカラープログラムの利用実績に反映されます。

また、LINE Payの支払い方法をこのカードに設定すると、マイカラープログラムの基本付与率+1%のLINE Payボーナスが還元されます。つまり、LINE Pay利用で合計1.5%~3.0%の還元率となります。

LINE Payを使うなら必須のカードといえるかもしれません。

年会費は初年度無料、2年目以降は1,250円(税別)となりますが、年1回以上のカードショッピング利用で2年目以降の年会費も無料となります。

2019年10月下旬以降、カードの申込ができるようになる予定なので、チェックしておきましょう。カードの発送開始は2020年1月の予定です。

「VIsa × LINE Payクレジットカード」についてはこちら

主要Payサービスのセキュリティ体制・不正利用時の補償を比較

-その他スマホ決済, キャンペーンカレンダー
-

Copyright© Pay活ガイド , 2021 All Rights Reserved.