楽天pay キャンペーンカレンダー

楽天ペイの使い方 ~登録から支払い、還元率アップの方法まで~

2019-09-27

楽天ペイは、楽天グループの楽天ペイメント株式会社が運営するスマホ決済サービスです。楽天会員情報に紐づけて利用できます。専用のスマートフォンアプリを利用して、加盟店でQRコードの読み取りもしくはアプリ内での手続きで支払いができます。また、楽天IDと登録したクレジットカードによるネット通販での利用も可能です。そんな楽天ペイの使い方を解説します。

1.メリット・特徴

楽天カードのメリット・特徴としては、次の点が挙げられます。

●楽天ユーザーが使いやすい決済サービス
楽天ペイは、楽天会員情報と紐づけて使うため、楽天ユーザーにとって利便性の高い決済サービスです。楽天カードや楽天銀行、楽天市場をはじめとした楽天グループのサービスをよく使うという人は、主要なスマホ決済サービスのなかでも楽天ペイはもっとも親和性が高いといえます。

●ポイントの使い勝手が良い
楽天ペイでは、利用額やキャンペーンに応じて楽天スーパーポイントが貯まります。楽天スーパーポイントは1ポイント=1円として、楽天グループのサービスのほか、楽天グループ以外の加盟店でも利用できます。加盟店のジャンルは幅広く、多くの加盟店があるため、ポイントを使える機会が多く、ポイントの貯め甲斐があります。

●ネット通販が便利かつお得になる
楽天ペイは、通販サイトでも加盟店が多いのが特徴です。しかも、楽天グループ以外のサイトでも、加盟店であれば楽天IDに登録したクレジットカードで決済ができるため、新規会員登録などの手間が省け、安全に決済ができます。さまざまなサイト利用で楽天スーパーポイントを貯めることができるのもお得な点です。

おすすめな人

上記のような楽天ペイのメリット・特徴を踏まえて、楽天ペイは特に次のような人におすすめといえます。

・楽天ユーザー
・いろいろなポイントを貯めるのが面倒な人
・ネット通販をよく利用する人

2.登録方法

楽天ペイを利用するにはまず、楽天ペイアプリをダウンロードする必要があります。また、楽天ペイの利用には楽天会員の登録も必要です。

アプリを開くと楽天会員のログイン画面が表示されます。楽天IDとパスワードでログインすると、SMS認証画面となるので、電話番号を入力して、送付された認証番号を入力しましょう。SMS認証を完了すると、支払い方法の設定画面となります。

楽天ペイは、楽天会員の登録情報と紐づいており、その登録情報が反映されているので、もともと楽天会員だった人にとっては設定の手間が省けます。

3.利用金額の支払い方法

楽天ペイ利用金額の支払い方法は以下の2通りです。

・クレジットカード:VISA/マスターカードに対応。楽天カードはJCB/アメックスも可
・楽天キャッシュ:電子マネー。楽天銀行もしくは楽天カードからチャージする。フリマアプリ「ラクマ」の売上金をチャージすることも可能

支払い方法の設定・変更

支払い方法の設定は、アプリ利用開始時、SMS認証の後に行います。

利用開始後は、アプリ内「コード・QR払い」タブの「お支払い元」から、支払い方法を変更することができます。

ポイントを使う方法

楽天ペイでは、楽天IDに紐づいた楽天ポイントを支払いに利用できます。

ポイント利用の設定は、アプリ内「コード・QR払い」タブの「お支払い元」の下「すべてのポイント/キャッシュを使う」から、設定できます。クレジットカード払いの場合は、楽天キャッシュ・楽天ポイントそれぞれをいくら使うかの設定ができます。

なお、1回あたりの利用可能なポイント数は、30,000ポイントとされていますが、楽天IDの会員ランクや店舗毎によって上限金額は異なります。

4.お店での支払い方法

楽天ペイを加盟店(実店舗)で利用する場合、以下「コード」「QR払い」「セルフ」の3通りの方法があります。どの支払い方法を利用できるかは、加盟店によって違います。「セルフ」はほかの決済サービスではあまりない方法です。

・コード:ユーザーがバーコード/QRコードを表示し、店舗が読み取る。
・QR払い:店舗が表示したQRコードをユーザーが読み取り、金額を入力後、店舗が確認。
・セルフ:アプリ内で利用店舗を選択し、金額を入力、店舗が確認。

楽天ペイ公式ページより

楽天ペイ公式ページより

楽天ペイ公式ページより

ネット通販での支払い方法

楽天ペイは、ネット通販でも加盟店が多くあります。ネット通販で楽天ペイを利用する場合は、QRコード/バーコードは使用せず、楽天IDとパスワードでログイン後、楽天IDに登録しているクレジットカードで支払いを行います。

5.その他の機能

楽天ペイでは、チャージした電子マネー「楽天キャッシュ」により個人間送金が可能です。

送金・受け取り

楽天ペイの送金は、アプリ内「送る」から利用できます。

楽天ペイの送金では、利用端末の連絡先(電話帳)を同期することで、簡単に金額とメッセージ、リンクを送付できます。連絡先(電話帳)を同期しない、または連絡先(電話帳)にない相手に送金する場合は、利用端末にある各種ツールでの送付が可能です。

受け取りは、楽天ペイアプリを利用している人であれば、送付されたリンクから可能です。楽天ペイアプリを利用していない人でも、楽天会員であればWeb上で受け取りが可能です。

スマホ決済アプリの個人間送金では、送金側・受け取り側ともに同じアプリを利用する必要がある場合が多いですが、楽天ペイはそれよりも利便性が高い仕組みになっています。

ポイントカード

楽天ペイアプリには「ポイントカード」タブがあります。この機能を利用して、対象の店で楽天ポイントカードを提示してポイントを貯めたり、ポイントを使ったりできます。

対象の店は、同じタブ内の「楽天ポイントが使える店」で調べることができます。

6.お得な還元率

楽天ペイでは、200円利用ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円として、楽天ペイでの支払いのほか、楽天グループを始めとした加盟店での買い物に利用できます。

つまり、楽天ペイの通常の還元率は0.5%ということになります。これは、クレジットカードの基本的な還元率と同様です。これだけだと高還元率とはいえませんが、キャンペーンやクレジットカードの利用により還元率を引き上げることが可能です。

また、楽天スーパーポイントは、利用できる店舗の多さも魅力です。ほかのスマホ決済サービスに比べてポイント利用の選択肢が多く、利便性の高いポイントです。

7.お得な利用方法

楽天ペイを普通に使うだけでも0.5%のポイント還元が得られ、現金で支払いをするよりもお得になりますが、キャンペーンやクレジットカード利用によりさらにポイント還元率を引き上げることができます。

キャンペーン

楽天ペイでは、ポイントアップやポイント進呈のさまざまなキャンペーンを開催しており、アプリ内のバナーやポイントカードのキャンペーン一覧、楽天ペイ公式サイトなどから確認できます。楽天カードや楽天銀行など、楽天グループのサービスと絡めたキャンペーンも多くなっています。

「キャッシュレス・消費者還元事業」対象外でも5%還元

2019年10月1日(火)より経済産業省により実施されるキャッシュレス・消費者還元制度(以下「ポイント還元事業」)では、中小・小規模事業者を対象として、指定期間、キャッシュレス決済利用時に5%のポイント還元が行われます。

楽天ペイでは、この5%還元の対象外となる店舗も含めた全店舗で、2019年10月1日(火) 0:00~2020年6月30日(火) 23:59までの間、楽天ペイ利用で5%ポイント還元というキャンペーンを実施します。ポイント還元事業で5%還元の対象外となる店舗の差額は、楽天ペイメントが補填します。

楽天ペイ|10月1日(火)スタート!全員対象!全店舗でずーーっと5%還元

10月1日(火)より、キャッシュレス・消費者還元制度によるポイント還元と組み合わせ、「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入する全店舗において「楽天スーパーポイント(以下、「楽天ポイント」)」が5%還元となる ...

続きを見る

なお、キャンペーン参加には事前エントリーが必要です。また、上記期間とは別に第2弾のキャンペーンも予定されており、詳細は後日発表予定です。

加盟店増加中

楽天ペイは、実店舗・ネット通販ともに加盟店の多いスマホ決済サービスです。特にネット通販の加盟店が多いのは特徴で、楽天IDにより楽天市場で買い物をするときのようにログイン、決済ができ、はじめて利用するサイトでも安心かつスピーディーに買い物ができます。

8.ベストマッチ

スマホ決済サービスで還元率を上げる定番の方法が、クレジットカードで支払いをすることです。これにより、そのサービスで決済する時のポイントと、クレジットカードのポイントとが得られ、ポイントの二重取りが可能です。

その場合、なるべく還元率が高く、そのスマホ決済サービスと相性の良いクレジットカードをおすすめします。楽天ペイの場合、楽天カードの利用がおすすめです。

楽天カード

楽天カードは年会費無料、100円利用につき楽天スーパーポイント1ポイントが還元される、還元率1.0%のカードです。最大2000万円補償の海外旅行傷害保険も付帯しています。

楽天カードは、楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)というポイントプログラムの利用により、楽天グループサービスの利用を組み合わせることで、楽天市場利用時のポイントを最大16倍アップさせることができます。

楽天ペイでもキャンペーンが実施されることがあるので、見落とさないようにしましょう。また、楽天キャッシュにチャージできるクレジットカードは楽天カードのみになります。

主要Payサービスのセキュリティ体制・不正利用時の補償を比較

10月からの各スマホ決済の還元率比較はこちらです。

 

-楽天pay, キャンペーンカレンダー
-

Copyright© Pay活ガイド , 2021 All Rights Reserved.